「焼畑あつみかぶ」写真コンテスト、最優秀賞に佐藤さん

焼畑温海かぶブランド力向上対策協議会は、3月8日山形県鶴岡市の温海庁舎で「焼畑あつみかぶ写真コンテスト」表彰式を開いた。
同協議会は、伝統の焼畑農法により栽培する「焼畑あつみかぶ」のさらなるブランド化を目指そうと、新たに「焼畑あつみかぶ」写真コンテストを企画、31点の応募があり、一般投票も実施しながら、最優秀賞を含む入賞作品8点を決定した。この日は、入賞者ら15人が出席し、同協議会の忠鉢孝喜会長から賞状と記念品を受け取った。最優秀賞には、伝統の焼畑農法「火入れ」を撮影した鶴岡市の佐藤キヨ子さん(75)が選ばれた。佐藤さんは「焼畑あつみかぶ」を50年以上栽培していて、普段からカメラを手放さない「この写真がきっかけとなり、伝統の焼畑農法で栽培したあつみかぶを全国のみなさんから知ってもらい、食べて頂ければうれしい」と話していた。応募作品は、鶴岡市のホームページやちらしなどのPR活動に活用していく。
忠鉢会長は「焼畑あつみかぶをテーマに、素晴らしい作品が揃った。応募していただいたことへ感謝するとともに、今後も行政と連携を図りながら、焼畑あつみかぶのブランド化に力を入れていきたい」と話す。優秀賞以下の入賞者は次の通り▽優秀賞=高木敏宏(鶴岡市)、齋藤京子(同)

左から、優秀賞の高木敏宏さん(鶴岡市)、忠鉢孝喜会長、最優秀賞の佐藤キヨ子さん(鶴岡市)、優秀賞の齋藤京子(同)

【 最優秀賞】 山五十川の火いれ

 撮影者 佐藤 キヨ子(鶴岡市)

 【優秀賞】 春色温海川

 撮影者 高木 敏宏

優秀賞】 秋晴れの収穫

 撮影者 齋藤 京子

   

 

当JA特産品のご購入はこちら

月山ワインご注文はこちら

出産・子育てを応援!

役立つ情報を動画配信

仮審査受付中

農機・車両・燃料・葬祭

おトクに貯まる!

SiteLock
ページ上部へ戻る