窓口対応スキル競い合う

貯金窓口担当者(テラー)の窓口応対力向上を図ろうと、JA庄内たがわは8月4日、JA本所でテラーコンクールを開いた。出場者8人が、日頃の業務で培った応対技法をロールプレイング形式で競った。

窓口担当者の接遇マナー・スキルの向上を図り、顧客満足度向上と営業力強化へつなげようと毎年行っている。

コンクールは、同JAの五十嵐善昭常務、農林中央金庫の担当者ら審査員5人が、あいさつや身だしなみなどの基本応対から、提案の仕方など11項目を総合的に審査。出場者は、4分間の持ち時間を余すことなく使い、顧客属性に応じたニーズ喚起など顧客目線を意識したセールストークを繰り広げた。     

審査の結果、櫛引支所の有賀この美さんが第1位に輝いた。

同JAでは、今後も研修会などでスキルアップを図りながら、年度末貯金残高1066億円達成に向け、一丸となって取り組んでいく。

        写真=優勝した櫛引支所の有賀この美さん㊨

当JA特産品のご購入はこちら

月山ワインご注文はこちら

出産・子育てを応援!

役立つ情報を動画配信

仮審査受付中

農機・車両・燃料・葬祭

おトクに貯まる!

SiteLock
ページ上部へ戻る