信用事業推進へ一丸

 JA庄内たがわでは4月18日、鶴岡市のJA本所にて2018年度の信用事業推進大会を開催した。大会には、黒井德夫組合長や農林中央金庫山形支店の宮治仁志支店長をはじめ全8支所の支所長ら約70名が参加し、信用事業の目標必達へ決意を固めた。

 今年度は、年金・相続・資産運用などの専門性を高めるため、各支所に金融アドバイザーを配置した。利用者の多様化するニーズへの対応に力を入れていく。

 決意表明では、8人の金融アドバイザーが壇上に立ち、1人ずつ目標達成への意気込みを語った。

 今後、前回好評だった相続セミナーや年金相談会の開催を予定しており、新たに資産運用セミナーの実施を検討している。各セミナーや相談会を通して利用者満足度向上に努めていく。

写真=頑張ろう3唱で決意を固める

当JA特産品のご購入はこちら

出産・子育てを応援!

仮審査受付中

農機・車両・燃料・葬祭

おトクに貯まる!

役立つ情報を動画配信

SiteLock
ページ上部へ戻る