新型コロナウイルス感染症対策本部 設置

 

 

JA庄内たがわは4月8日、黒井德夫組合長を本部長とする新型コロナウイルス感染症対策本部を設置致しました。

3月31日に山形県内で初めて新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、JA本所の企画管理部とリスク管理室が主体となり、当JAと子会社(株)あいとサービスが事業継続できるよう、行政や各関係機関と連携し、情報共有と感染症採択に取り組んで参ります。

黒井組合長は「行政などの対応に基づき、JA内で感染者が発生した場合は迅速な対応を徹底し、感染拡大防止につなげる」としております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産・子育てを応援!

仮審査受付中

おトクに貯まる!

SiteLock
ページ上部へ戻る