孟宗の缶詰加工はじまる

 JA庄内たがわ農産加工技術研修施設で5月21日、春の味覚であるタケノコ「孟宗」「月山筍」の缶詰加工が始まった。収穫が盛んな鶴岡市では、缶詰加工が例年人気を博している。
 利用者が家庭で孟宗を水煮にし、灰汁抜き処理したものを同加工所に持ち込み、缶に詰める。その後、同JA女性部員「JA生活シーダー」が缶に水を入れ消毒処理を行い、長期保存できるよう圧力鍋で仕上げし、翌日利用者へ返却する。生活シーダーは「贈答用で加工する方が多く、大変喜ばれている」と話した。
 一日平均約30人が利用し、300缶以上が加工されており、同加工所では7月上旬まで受け入れる予定だ。また、缶詰加工の利用料金は2号缶1個につき同JA女性部員は330円、員外は370円。4号缶は部員220円、員外260円(全て税込み)と手頃な価格に設定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認められた味わい  月山ワイン購入は↓

認められた味わい  月山ワイン購入は↓

新鮮な農産物を!  産直んめ農マルシェ

新鮮な農産物を!  産直んめ農マルシェ

出産・子育てを応援!

仮審査受付中

おトクに貯まる!

SiteLock
ページ上部へ戻る