長ネギ/1㌔あたりの単価好調

営 農

 JA庄内たがわ長ねぎ部会は3月9日、鶴岡市のJA藤島支所で第20回通常総会を開いた。2020年産は、7月の大雨の影響で19年産より品質が低下するなど伸び悩んだが、全国的な天候不順により1㌔あたりの単価が上昇し、長ネギは前年比9%高の265円、軟白ネギは前年比20%高の471円となった。
 この日は、部会員約30人が参加し、20年産の作況と21年産に向けた事業計画を確認。断続的な低温や高温で一部の圃場では生育の停滞や病害虫被害が見受けられたが、販売先を増やし単価下落の未然防止に努めた他、小売りスーパーでの強い引き合いにより、安定した価格で推移した。
 同部会は今後、栽培講習会の実施で生産技術の向上を図り、作付面積拡大による出荷数量の確保と同JA産長ネギのブランド定着を目指していく。

関連記事

sitelock

SiteLock