カテゴリー:HOME

  • 広報誌「aito」5月号掲載しました!

    広報誌「aito」5月号掲載しました! 是非ご覧ください。 こちらから移動できます。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 健苗育成に向け基本技術の徹底を

     JA庄内たがわ藤島支所の米穀指導員は4月20日から24日、鶴岡市藤島地域で、水稲の初期生育確保に向けた育苗巡回を行った。  巡回では苗丈や出芽揃いなどの生育状況を確認した他、生育ステージに合わせた育苗管理を米生産者ら…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • サクランボ 徹底した結実対策で安定生産目指す

     JA庄内たがわさくらんぼ部会は4月20日、鶴岡市羽黒・櫛引地区でサクランボの結実講習会を開いた。参加した部会員ら35人は、適期作業と結実対策の徹底など安定生産に向けた栽培方法を確認した。  県庄内総合支庁農業技術普及…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新型コロナ感染対策に全力

     JA庄内たがわは4月16日、新型コロナウイルス感染予防対策として、全8支所の信用・共済窓口に透明のビニールカーテンを設置した。近距離でのやり取りが多い来店者と職員の感染防止が目的だ。また、21日にはJAの全事業所で対面…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コロナ対策で来店者へ除菌液を配布

     JA庄内たがわは4月15日から、全8支所の信用窓口で来店者に使い切りタイプの携帯用アルコール除菌液を配布し、新型コロナウイルス感染予防を呼びかけている。  この日、庄内町のJA庄内たがわ新余目支所では、5回使用分を1…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キュウリ 圃場を巡回、品質良好

     JA庄内たがわ櫛引支所キュウリ部会は4月13日、鶴岡市櫛引地区でキュウリの圃場巡回を行い、参加した部会員約10人が種苗メーカー担当者と生育状況や栽培管理などを入念に確認した。  この日は、圃場10カ所を巡回。同行した…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新型コロナウイルス感染症対策本部 設置

      JA庄内たがわは4月8日、黒井德夫組合長を本部長とする新型コロナウイルス感染症対策本部を設置致しました。 3月31日に山形県内で初めて新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、JA本所の企画…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 令和2年度女性大学「あいとスクール」募集について

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 米農家の水稲栽培に一役

     2020年産米の生産に向け、JA庄内たがわは3月10日から鶴岡市櫛引地域にある水稲育苗施設で水稲種子の温湯消毒作業をスタートした。同施設では日量9㌧(1袋5㌔)のペースで作業が進められ、現在は、種子に水を吸水させる浸種…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産・子育てを応援!

仮審査受付中

おトクに貯まる!

SiteLock
ページ上部へ戻る