過去の記事一覧

  • 花き予冷庫を新設、部会員の所得増大へ

     JA庄内たがわは7月15日、庄内町のJA花き集出荷施設内に花き専用の予冷庫を新設した。床面積約100平方㍍で、1000ケースが貯蔵できる。前々日集荷による市場への早期の数量報告、品質低下を防ぐ低温での運搬が可能となる。…
  • 庄内柿・生産振興へ女性の力を

     JA庄内たがわ庄内柿生産組織連絡協議会は7月22日、鶴岡市羽黒町で女性生産者向けの庄内柿の仕上げ摘果講習会を開いた。約20人が参加し、同JAが目標に掲げる大玉生産に向けた摘果作業のポイントを学んだ。栽培過程で幅広い作業…
  • 産直んめ農マルシェ オンラインショップ OPEN!

      JA庄内たがわが運営する 産直んめ農マルシェのオンラインショップが 6月15日にオープン致しました! ユネスコ食文化創造都市である山形県鶴岡市などで収穫した 新鮮な農畜産物や加工品、月山ワインなどを販売してい…
  • 産学官8者が連携し農業経営者育成へ

     鶴岡市立農業経営者育成学校(愛称=SEADS)は5月12日、鶴岡市で開校式を行った。同校には、県内外から集まった20~40代の男女13人が1期生として入学し、2年間、同校宿舎で生活しながら水稲や果菜類などの有機農業技術…
  • 新型コロナ感染対策に全力

     JA庄内たがわは4月16日、新型コロナウイルス感染予防対策として、全8支所の信用・共済窓口に透明のビニールカーテンを設置した。近距離でのやり取りが多い来店者と職員の感染防止が目的だ。また、21日にはJAの全事業所で対面…
  • 新型コロナウイルス感染症対策本部 設置

      JA庄内たがわは4月8日、黒井德夫組合長を本部長とする新型コロナウイルス感染症対策本部を設置致しました。 3月31日に山形県内で初めて新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、JA本所の企画…

認められた味わい  月山ワイン購入は↓

認められた味わい  月山ワイン購入は↓

新鮮な農産物を!  産直んめ農マルシェ

新鮮な農産物を!  産直んめ農マルシェ

みんなのよい食   プロジェクトはこちら

出産・子育てを応援!

仮審査受付中

おトクに貯まる!

SiteLock
ページ上部へ戻る