過去の記事一覧

  • つや姫生産者1200人の頂点は渡部公一さん

     JA庄内たがわとJA庄内たがわ特別栽培米連絡協議会は12月8日、庄内町で「つや姫コンテスト2019名人戦」を開いた。予選を勝ち抜いた名人10人へ認定証が授与され、その中から食味審査で上位3人を選定し、鶴岡市羽黒地区の渡…
  • ネギ 品質追及、市場と連携し高単価販売へ

     JA庄内たがわ長ねぎ部会は12月9日、鶴岡市のJA庄内たがわ本所で軟白ネギ目揃え会を開いた。参加した部会員約40人がハウス内管理や収穫のタイミングなどを出荷規格と共に確認し、収穫最盛期に向けた高品質生産へ士気を高めた。…
  • 豚枝肉共励会で寒河江さんが最高賞

     JA庄内たがわ養豚部会は12月6日、豚枝肉共励会を開いた。多数出品された中から、寒河江喜和さん(温海)が最高賞であるグランドチャンピオン賞に輝いた。去勢豚と雌豚の重量や背脂肪のバランスが取れていたことや肉質が評価され、…
  • 行政へ食料安全保障の基本政策を要請

     JA庄内たがわとJAあまるめ、各JAの農政対策推進協議会は12月5日、次期食料・農業・農村基本計画に関する要請書を庄内町に提出し、食料安全保障に寄与する基本政策の確立に向け、政府に強く働きかけるよう求めた。  5日は…
  • 地場産食材の美味しさを味わう

     学校給食を通して地産地消を学んでもらおうと、JA庄内たがわとJAあまるめは、庄内町の幼稚園、小・中学校6施設に県産米「つや姫」140㌔と豚肉「庄内グリーンポーク〝ぶーみん〟」66㌔を12月5日の給食用食材として提供した…
  • つきたてのお餅に満面の笑み

     三川町立みかわ保育園・みかわ幼稚園で11月27日、収穫感謝祭が開かれ、3~5歳組の155人がJA庄内たがわ青年部・女性部三川支部の手ほどきを受けながら餅つきを行った。  同町で収穫されたもち米「こゆきもち」約20㌔を…
  • シイタケ 冬季の菌床管理、着実に

     JA庄内たがわ椎茸部会は11月25日、鶴岡市でハウス巡回と全体研修会を開いた。部会員ら約20人が参加し、菌床シイタケの栽培技術の向上と冬季の菌床管理を学んだ。  この日は、菌種が異なる2棟のハウスを巡回。菌種ごとの特…
  • エダマメ 課題検証し、農家所得向上へ

     JA庄内たがわ枝豆部会は11月26日、鶴岡市で出荷反省会と栽培講習会を開いた。部会員など約20人が参加し、今年産の食味分析結果や販売実績などを振り返った。  始めにJA庄内たがわ営農販売部職員が作況と販売実績を報告。…
  • 農業者担い手育成・確保へ連携

     農業の担い手などの人材育成・確保に向け、当JAは、鶴岡市と山形大学農学部、東北芸術工科大学、JA鶴岡、ヤマガタデザイン㈱と産学官6者で協力・連携に関する協定を結びました。市などによると、農業人材の育成に特化した産学官の…
  • JA庄内たがわ初の産直施設オープン

     JA庄内たがわが運営する初の産直施設「んめ農マルシェ」が7月30日、鶴岡市にある庄内おばこの里こまぎ館内にオープンした。特産品の枝豆をはじめ、ナスやトマトの夏野菜、庄内米、農産加工品など新鮮な農産物がずらりと並び、多く…

出産・子育てを応援!

仮審査受付中

おトクに貯まる!

SiteLock
ページ上部へ戻る