過去の記事一覧

  • 庄内柿販売会議が開かれる

     庄内柿の優位販売につなげようと、庄内柿振興協議会は9月26日、鶴岡市で庄内柿販売会議を開いた。JA庄内たがわをはじめとした庄内4JAとJA全農山形、県庄内総合支庁農業技術普及課や市場関係者約50人が出席。生育状況や出荷…
  • JA庄内たがわ初の産直施設オープン

     JA庄内たがわが運営する初の産直施設「んめ農マルシェ」が7月30日、鶴岡市にある庄内おばこの里こまぎ館内にオープンした。特産品の枝豆をはじめ、ナスやトマトの夏野菜、庄内米、農産加工品など新鮮な農産物がずらりと並び、多く…
  • 農政対策推進議会通常総会を開催

    当JA農政対策推進協議会は6月28日、鶴岡市の同JA本所で第24回通常総会を開いた。平成30年度の活動計画を含む4議案を原案通り可決。農業者の所得増大と農業生産の拡大を図る要請活動を展開する事、二国間交渉等に関する事、農…
  • 「あいとスクール」女性大学が開校

    6月28日、当JA本所で第11期目となる女性大学「あいとスクール」の開校式を開いた。 今期のキャッチコピーは「知るは喜び~新しい発見を仲間と~」。家の光の記事を活用しながら手芸や料理を楽しむコース、茶道の知識や礼儀作法…
  • 第23回通常総代会の開催

    当JAは6月20日、JA新余目支所で第23回通常総代会を開き、上程した全11議案は原案通り承認された。 JA役職員をはじめ、総代458名が出席。はじめに、これまでの活動で多大な功績を残したJA関連組織の表彰式が行われ、…
  • 「菊・スプレー菊」出荷規格を厳守し平均単価の向上を目指す

     当JA花き部会菊・スプレー菊専門部は5日、庄内町のJA花き集出荷施設で、菊の需要が最も高まる新盆や旧盆を前に目揃え会を開いた。専門部員ら約20人が参加し、18年度の出荷規格や荷造りなどを確認した。  専門部長の鈴木仁…
  • 御田植祭で五穀豊穣を祈願

    鶴岡市羽黒地区の大鳥居そばに設けた献饌田で24日、御田植祭が行われた。17.2㌃の献饌田に「つや姫」の苗を植栽し、今年の五穀豊穣を祈願した。 御田植祭は、農業を取り巻く状況が厳しさを増す昨今、自然の恵みに感謝し、新たな…
  • 糖度の高いワイン用ブドウ栽培を

    5月22日、鶴岡市の圃場でハウスを活用したワイン用ブドウの栽培講習会を開いた。 講習会には6人の生産者らが参加。庄内総合支庁農業技術普及課の佐藤康一専門普及指導員は「今の時期はマイカー線などを添えて枝が捻れないよう、先…
  • たくましい成長を祈り入牧

     山形県鶴岡市羽黒地区にある標高350㍍の月山高原牧場で5月17日、牛の入牧式が行われた。  同牧場に管内の畜産農家が牛を搬入。体重と体高を測定した後、約100㌶の放牧地を8郡に分けて放牧した。入牧後には牛の健康と十分…
  • 通所介護施設オープンへ

     JA庄内たがわは今年、通所介護施設(デイサービス)をオープンする。高齢化が進む中、住み慣れた地域で自立した生活を続けられるよう支援する介護サービスを提供していく。  現在、同JAでは、居宅介護支援、訪問介護、福祉用具…

当JAの特産品ご購入はこちら

出産・子育てを応援!

仮審査受付中

農機・車両・燃料・葬祭

おトクに貯まる!

役立つ情報を動画配信

SiteLock
ページ上部へ戻る