過去の記事一覧

  • 庄内の秋の味覚を全国に

     JA庄内たがわは11日、山形県鶴岡市のJA中部選果場で庄内柿の出荷出発式を開いた。 JAの黒井德夫組合長をはじめ、JA全農山形や行政など約60人が出席。この日は、JA管内から集荷した品種「刀根早生(とねわせ)柿をガス…
  • パルシステム埼玉の組合員家族が稲刈り交流

    生活協同組合パルシステム埼玉の組合員家族が10月1日、山形県庄内町の圃(ほ)場で鎌を使った昔ながらの稲刈りを体験した。 この取り組みは、JA庄内たがわと庄内協同ファームが設立した「庄内産直ネットワーク」が庄内たがわ農業…
  • 秋の実りに感謝

     JA庄内たがわは9月27日、山形県鶴岡市羽黒地区の大鳥居そばに設けた献饌田(けんせんでん)で抜穂祭(ぬいぼさい)を行った。出羽三山神社が祭祀(さいし)を執り行い、今年産の五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祝いながら、今年5…
  • JA単独での品評会は県内初

     ブドウ「シャインマスカット」の品質向上と部会員相互の生産意欲向上を図ろうと、JA庄内たがわぶどう部会は9月20日、鶴岡市の同JA櫛引青果物集荷場でシャインマスカット品評会を初めて開いた。JA単独での品評会は県内で初めて…
  • 2017年産米の全量出荷へ一丸

     当JA生産組合長会は8月27日、鶴岡市で夏期全体研修と2017年産米全量集荷推進大会を開いた。各地区の生産組合長らが、今後の農業政策への見聞を広め、今年産米の出荷契約数量の確実な集荷に向け、JAと生産者が一丸となって取…
  • デラウェア品評会初開催

     ブドウ「デラウエア」の品質向上と、部会員相互の生産意欲の向上を図ろうと、JA庄内たがわぶどう部会は8月9日、鶴岡市の同JA櫛引青果物集荷場でデラウェア品評会を開いた。同部会では初めての開催。審査の結果、鶴岡市櫛引地区の…
  • 窓口対応スキル競い合う

    貯金窓口担当者(テラー)の窓口応対力向上を図ろうと、JA庄内たがわは8月4日、JA本所でテラーコンクールを開いた。出場者8人が、日頃の業務で培った応対技法をロールプレイング形式で競った。 窓口担当者の接遇マナー・スキル…
  • 窓口対応スキルの向上へ

     JA庄内たがわは7月27日、鶴岡市のJA本所で共済事業の支所窓口担当者の窓口対応スキルの向上を図るためカウンターセールスコンテストを開いた。各支所の共済窓口担当者8人がロールプレイング形式で対応技法などを競った。 コ…
  • 豆腐やおからでヘルシー料理に挑戦

     JA庄内たがわ女性部藤島支部は8月1日、鶴岡市の東栄地区地域活動センターで料理講習会を開き、豆腐やおからを使ったヘルシー料理に挑戦した。  女性部員ら20人が参加。JA生活シーダーの指導のもと、衣をつけない「揚げ出し…
  • ヨガで心も体もリフレッシュ

     JA庄内たがわが主催する女性大学「あいとスクール」の第2回目の講座が7月27日、鶴岡市櫛引公民館で行われ、受講生17人が参加した。「リラックス・ヨガ」と題し、鶴岡市でヨガインストラクターをしている上野昌代氏を迎え、本格…

当JAの特産品ご購入はこちら

出産・子育てを応援!

仮審査受付中

農機・車両・燃料・葬祭

おトクに貯まる!

役立つ情報を動画配信

SiteLock
ページ上部へ戻る